1999年
8月 任意団体「屋久島エコ・フェスタ」設立。
   機関誌「エコ・フェスタ通信」第1号発行。第1回定期学習会を開催


2000年
5月 第1回世界自然遺産会議の前夜祭として、
   環境イベント「屋久島エコ・フェスタ2000」開催。
   千人を越える参加者を得て大成功を収める


2001年
4月 屋久町立ショッピング施設「エコタウン」一画にて、
   委託事業「エコ・プラザ」運営開始、さまざまなエコ情報を発信する。
   島内の小中学生を対象に「やくしまエコ・キッズ」の環境学習活動を開始
5月 第2回「屋久島エコ・フェスタ2001」開催
10月 南日本新聞社「環境保全団体賞」受賞


2002年
1月 特定非営利活動法人として鹿児島県より認証される。
   「NPO法人屋久島エコ・フェスタ」に改称
2月 国際ソロプチミスト「クラブ賞」受賞
4月 環境学習事業が屋久町からの委託事業となる。
   合わせて、活動全般について全労災から助成を受ける。
5月 第3回「屋久島エコ・フェスタ2002」開催
6月 環境省地球環境基金の助成事業として環境調査事業を開始。
   アンケートによる住民意識調査、河川水質実地調査、
   家庭における二酸化炭素排出量調査などの環境調査を開始
8月 セブンイレブンみどりの基金の助成事業で板芝居作成。
   巡回公演、環境人形劇の開催など各種環境学習事業を、
   小中学校、公民館、老人クラブなどで展開


2003年
2月 「屋久島における環境調査の事業報告」冊子発行。
4月 「エコ・プラザ」に代わり、屋久町からの委託により、
   特産品販売施設「杉の茶屋」運営を開始。
   エコ・ショップ事業として位置づけ、食・物品の展示販売を通して、
   メッセージの発信を開始。同時に環境保全型の屋久島良品の開発を手がける。
5月 第4回「屋久島エコ・フェスタ2003」開催。
   屋久町委託事業の環境学習事業終了。
  (財)日本離島センターの助成事業で「やくしまエコ・キッズ」
   環境学習人材育成事業を展開
10月 屋久島世界自然遺産登録10周年シンポジウムにて
   「やくしまエコ・キッズ」が基調報告。
   子供たちが作成した映像「ぼくたち、わたしたちの屋久島」(8分)を発表、
   高い評価を得る。


2004年
1月 マイクロソフト社助成により「やくしまエコ・キッズ」の
   「マイ箸里親プロジェクト」を開始。 
2月 南のふるさと協議会霧島大会にて基調報告。
3月 (財)日本離島センター主催「地域振興会議」にてモデル報告。
5月 国際ソロプチミスト「環境学習賞」受賞。
   第5回「屋久島エコ・フェスタ2004」開催。


2005年
2月 東京渋谷にて「やくしまエコ・キッズ」の
   「マイ箸里親プロジェクト発信イベント」を開催。
   首都圏のサポーターと交流する。
9月 南のふるさと協議会より助成を受け、
   廃油石けんづくりプロジェクト推進


2006年
2月 「やくしまエコ・キッズ」絶滅種ヤクタネゴヨウの調査保護活動を開始
5月 文化庁・鹿児島県助成による「ふるさと文化創造事業」の一環として、
   島内のお年寄りの話をまとめて出版する
   「島の文化と暮らしの歴史を記録する書籍の出版事業」を開始
8月 「第13回コカ・コーラ環境教育賞」受賞。
   エコ・キッズ優秀賞表彰にて事例発表。環境学習宿泊キャンプに参加
9月 「杉の茶屋」運営が委託事業から指定管理者事業に変更
   日本離島センターより助成、お年寄り聞き取り事業を開始
11月 平成18年度「みなみの風交流会 in くまげ」屋久島分科会事例発表


2007年
3月 「島・ひと・昔語り」発行。県内の教育機関、公共図書館などに寄贈。
5月 「杉の茶屋」指定管理者事業終了
6月 「屋久島 島・ひと・昔語り」南日本新聞開発センターより自費出版。
   県内書籍販売店、島内各所、首都圏などで販売。
8月〜10月
   屋久島環境文化財団の後援により、出版記念イベントを環境文化村センターで開催。
   「屋久島 島・ひと・昔語り」南日本自費出版大賞受賞


2008年
通年 「屋久島 島・ひと・昔語り」販売普及
   創作劇「森のげじべえ」制作準備


2009年
7月 「屋久島 島・ひと・昔語り」並びにげじべえ面展示PR
9月 デフパペット「音ワークショップ」(宮之浦・安房)主催
10月〜2010年2月
   鹿児島県文化芸術活性化事業としてデフパペット・シアターひとみによる人形劇
   「箱BOXES じいちゃんのオルゴール」開催ならびに創作劇「森のげじべえ」制作発表



Copyright (C) 2010 YAKUSHIMA Eco-Festa All Rights Reserved.